Photo / 長谷川朋也 Tomoya Hasegawa

ゆれるフレーム

 

2013
サイズ : サイズ可変
素材 : 物件広告の間取り図、写真、はさみ、他
なんばパークス(大阪)での展示
 

鑑賞者が指示書を読みながら、間取り図の黒で描かれている壁部分と白で描かれている開口部分を切り分ける体験型の作品。
机上には次の文章も掲示されている。
初めて間取り図にハサミをいれたときのこと。
  
いとも簡単に散らばり落ちた短い線が指し示していたのは、巨大なマンションのコンクリートの壁であり、窓であり、ドアであり、そして日常や、家族や、個人や、単位や、夢や、孤独など、私たちの生活のあらゆるものを含んでいた。
 
散らばった線が意味するのは、崩壊なのか、解放なのか、もっと他の何かなのか。
  
それまで強固に閉じたフレームとして疑わなかった私にとって
思いもかけぬ衝撃的な瞬間であった。

the shaking frame

 

2013
size : size free
material : The floor plan clipped out from advertisement, the photograph, the scissors, others,
at the space of NAMBA Parks, Osaka,
 

You pick a sheet of the floor plan placed on the plate, then cut and divide the white portion (a door and a window) and the black portion (wall) with scissors.
You appreciate the moment the completed figure collapses through your own experience.
The time of putting scissors into the floor plan for the first time.
What’s the short line that was scattered and fell very easily was pointing to is the concrete wall of a huge apartment, is a window, is a door, And contained all the things of our lives such as a daily life, an individual, a family, a unit, a dream, loneliness, etc...
What the scattered line means, is it collapse or release or something other than that?
It was an unthinkable shocking moment for me who did not suspect it as a firmly closed frame till then.

© 2016 by SEIKO YAMAMOTO. All Rights Rserved.

当ホームページ上に記載されている内容の無断転載・転用を禁じます

  • Facebook Black Round
  • Blogger - Black Circle
  • YouTube - Black Circle