「幾何学の倍音」シリーズ

 

2018
サイズ : 各作品の写真ごとに表記
素材 : 各作品の写真ごとに表記

私が幼少から育ち今も拠点にしているのは、1970年の大阪万博に前後して開発されたニュータウンだ。それは当時の「未来の象徴」であっただろうし、現在も生きるに必要なものは全て完備された、何不自由ない便利な街である。

しかし私はこの街の様相に違和感がある。人々は与えられた場所で同じように生活し、それぞれの個性や、生きる上で必ず起こる雑味のようなものは極端に隠され、目の前の風景はどこを取っても均質化しているのである。

私は再度、この幾何学的な街に倍音を呼び起こしたい。人間は本来もっと、複雑で混沌としたエネルギーをもった存在なのではないだろうか。

Overtone of Geometry

 

2018
size : written in each photo of the work
material : written in each photo of the work

I grew up and still live in a new town which was developed around 1970; at a time of Expo’ 70 in Osaka. In those days, that might have been a symbol of future and, even now, is really convenient and comfortable for living.
However, I feel that something is off about circumstances of this town. People live in a “given” place. Each personality and something like unpleasant taste which inevitably occurs in life are extremely invisible, and scenery looks same all over the place.
I want to raise up overtones in this geometric town. Human being per se should be more complicated, chaotic and energetic.

© 2016 by SEIKO YAMAMOTO. All Rights Rserved.

当ホームページ上に記載されている内容の無断転載・転用を禁じます

  • Facebook Black Round
  • Blogger - Black Circle
  • YouTube - Black Circle